ホーム  >  任意売却とは


住宅ローンの支払が苦しく支払っていけそうもない、かといって家を競売されるのは困る

景気の悪化による失業やリストラ、給料の減額、残業代やボーナスのカットなどにより、毎月の住宅ローンを支払えないご家庭が増えています。

住宅ローンを延滞し続けるとどうなるのでしょうか。
住宅ローンは通常借入の際、2~3ヶ月以上滞納すると残金を一括で請求できるという「期限の利益の特約」がつけられています。銀行などからの督促が来ても、なお払えないでいると今度は、保証会社によって代位弁済(本人に代わって支払をすること)がされ、保証会社から請求が来るようになります。
その後も支払をしなかった場合、今度は債権回収会社に移管され、競売の申立がされます。落札代金から債権が回収され、回収しきれなかった残金については、引き続き請求が来ることになります。
競落されれば自宅を手放し出ていかなければいけません。住宅ローンの残債は通常金額が大変高額な場合が多いので、ほとんどの場合一括で支払うことは不可能です。


住宅ローンが払えなければ、黙って競売されるのを待つしかないのでしょうか?

任意売却で人生をリセット

任意売却とは
任意売却とは、競売入札がされる前に債権者である銀行や保証会社・債権回収会社の同意を得て、ご本人の意志で不動産を売却することをいいます。競売は、裁判所の手続きによって住宅が売却され、売却代金はすべて残債務や競売費用に充てられるため、ご本人の手元にお金が残ることはありません。任意売却は、ご本人と金融機関の双方が納得できる条件ですすめられますので、退去後の生活再建を考慮しながら行うことができます。


例)引越し費用や、当面の生活費、債務整理についての司法書士事務所費用、登記手続費用などを確保できる可能性がありますし、住宅を残す方法なども模索することができます。


当社では、司法書士・弁護士との連携により、個人では難しい任意売却をサポートし、単なる債務整理にとどまらない生活再建のお手伝いを行っています。住宅ローンを滞納されている場合、それ以外の借入も膨らんでいる場合がほとんどです。任意売却を視野に入れた債務整理のご相談を承っています。
←前のページに戻る

ページトップへ