ホーム  >  建築条件付売地とは

土地でよく見る「建築条件付土地」や「建築参考プラン」の意味は?

手軽に自由度の高いマイホームを建てる「建築条件付」土地

「建築条件付」土地とは、土地の売買契約をするにあたり、あらかじめ決められた建築会社と、
その土地に建築する建物の「請負契約を一定期間内に締結する」ことを条件とした契約形態です。
期間(通常約3ヶ月)や建築会社については、物件ごとに異なるので、事前に確認が必要です。
土地の売買契約締結後、建築会社とプランや見積もりを決定し、建築請負契約を結ぶことになります。
「条件」と言っても、間取りや内装、設備等に制限がある訳ではなく、
既に建築中の物件や建売住宅よりは間取りや内装の自由度が高いと言えます。
多くの場合、土地を販売する際に建築会社が建物プラン例とその価格(建物価格)を用意しているので、
あらかじめ総予算も把握でき、安心です。
また、住宅ローンの審査を申し込む場合、建築プランと見積もりが必須となるため、
(建築条件なし)土地を購入して住宅を建てようとすると、土地を探すのとほぼ同時進行で建築会社も探すことになります。
「建築条件付」土地なら、建築会社を探す手間も省け、一定の期間内に、プランニング・見積もり交渉ののち、
建築請負契約を結ぶので、入居までの工程がとてもスムーズです。

ページトップへ