ホーム  >  売買VS賃貸

今の家賃総額はどれくらいですか?

月額家賃支払例

年間

月額家賃支払例と、今後支払うであろう家賃の総額を表にすると、35年後には8万円の家賃でも3,000万円を超える支払いになります。
賃貸でも、時間の経過によって購入物件と同等の金額が必要なことがわかります。

6万円

72万円

8万円

96万円

10万円

120万円

5年後

10年後

25年後

35年後

360万円

(6万円の賃料)

720万円

1,800万円

2,520万円

480万円

(8万円の賃料)

960万円

2,400万円

3,360万円

600万円

(10万円の賃料)

1,200万円

3,000万円

4,200万円

住宅購入の上で一番ネックになるものが、予算。
年収(申告額)の問題や、十分な貯蓄もなければ、なかなか購入に踏み切れないのも無理はないと思います。

かといって賃貸生活をすることが得策なのでしょうか?
賃貸でも毎月の居住費は必要で、上記の表に示すとおり、たとえば家賃8万円でも35年後にはトータル3,300万円余り。
大型3LDKの新築マンションに匹敵する費用を、みすみす捨て払いにしていると言えないでしょうか?
発想を転換して、その家賃と同じ額の返済で、いくらまで住宅ローンが借りられるかを逆算してみます。
固定金利3%で元利金等の35年返済、ボーナス加算の返済0円と想定すると、月々8万円の返済なら借入れ可能額は2,078万円。
物件価格の2割程度の頭金を用意し、低価格の優良な不動産が買える水準となります。


また超低金利時代が続いている今なら、提携ローンなど利用した変動型・短期固定型で金利1%前後のものや、「フラット35」など長期固定型で金利3%を切るものも珍しくありません。さらに購入価格の全額を借入れすることも可能。
当然、同じ返済額でも借りられる額はさらに膨らみ、むしろ家賃よりも少ない負担で買えるケースさえあります。
そして何より、手元に資産として残るのは家賃では得られない安心です。

家賃並みで買うなら早期決断が大前提

家賃並み、あるいはそれ以下の負担で住宅ローンを組むには、前提となる条件があります。
それは少しでも早く買うこと。収入の安定している定年までに完済しようと思えば、購入年齢が高くなるほど返済期間が短くなるからです。(完済時年齢80歳未満の制約による)
例えば、借入額3,000万円、固定金利3%で元利金等のボーナス時返済なしと仮定する。その場合、返済期間35年なら返済月額は11万5477円であるのに対し、返済期間25年だと同14万2,267円と大幅に跳ね上がってしまう。しかも遅くなるほど余分な家賃を払うことになり、子供の進学に伴って教育費のピークと重なってしまうこともあり得ます。

また、一般的に 年収に占めるローンの返済割合、いわゆる「年収返済比率」は25%から35%以下に抑えるのが望ましい。年収400万円であれば年間100万円ほど、月々の返済を8万円程度には抑えたいところ。そんな意味でも、住宅の購入を検討するなら早期決断が賢明といえそうです。

ページトップへ