ホーム  >  賢いお部屋の使い方

賢いお部屋の使い方


お部屋を汚損・破損させてしまうと、 その修理費用を負担することになります。
大切に使うとそれだけ負担が少なくてすみますよ 。 壁の電気焼けを防ごう

壁の電気焼けを防ごう

冷蔵庫・電子レンジなどは壁にピッタリつけて置くと 壁が黒く焦げてしまいます。 10cmくらい離して置くかベニヤ板などを間に入れると良いですよ。



水回りをいつも清潔に

水周りをいつも清潔に

特に汚れやすいキッチン・トイレ・浴室は こまめに掃除をしておかないと汚れが
おちにくくなり ルームクリーニング料金割増しの原因になります。


家具などの置き方に気をつけて

家具などの置き方に気をつけてカーペットや畳がへこむような家具などは、敷物を置いて予防します。
フローリングの部屋で使う家具なども 引きずって
キズがつかないように ゴムやフェルトを貼ればよいでしょう。


いつも換気を心がけよう

いつも換気を心がけよう

窓を閉めきりにすると結露が発生しカビの原因になります。 カビを予防するために家具などを壁から少し離して配置し 室内はいつも風通しよくするようにしてください。


ホタル族になろう

ホタル族になろう タバコはなるべく窓を開けるか ベランダに出て吸うことをおすすめします。 度を越えたタバコのヤニで汚れた壁などの クリーニング料金は借り主の負担になります。


壁・襖・天井に注意しよう

壁・襖・天井に注意しよう

壁に時計やカレンダーを掛けるときは なるべく1ヶ所にまとめ、照明を取り付ける場合は 専用器具を使いましょう。 クギやネジを壁や天井に無断で打つと 修理の費用負担が発生してしまいます。


←前のページに戻る

ページトップへ